金澤ゆい公式サイト

都議選6日目(江東区)~教育の完全無償化と子育て支援の充実~

おはようございます。

「金澤ゆい」です。

本日は都議会議員選挙の6日目でした。

私も、連日朝から夜まで応援に入っております!

応援の合間に、緊急事態宣言で行けていなかった富岡八幡宮の月次祭へ。

心が引き締まりますね。

日本維新の会からたくさんの先輩方が、連日応援弁士として来てくださっています!

柳ケ瀬裕文参議院議員(東京維新の会代表)、石井苗子参議院議員、梅村みずほ参議院議員ありがとうございます!

今夜からしばらく雨の予報です。

雨の中でも、しっかりとお訴えを続けてまいります。

江東区は、湾岸エリアを中心に子育て世帯が多く住む地域で、子どもの教育や、子育て施策へのご意見を多くいただきます。

しみず良平の「5つの提言と覚悟」でも、しっかりと教育と子育てについて提言を行っております。

二つ目が「教育の完全無償化と子育て支援の充実」となります。

コロナ禍以前から、給食の無償化は、たびたび議論にのぼる話題でした。

日本維新の会は、現役世代・将来世代への投資を訴えており、首長のいる大阪市では、既に給食の無償化が実現しております。

大阪市以上の税源を持つ東京都においても、給食の無償化を実現し、子育て世帯への負担軽減を訴えてまいります。

そして、所得制限のない高等教育までの教育費の完全無償化実現を目指します。

学費がネックとなり、大学や専門学校などに進むことを諦める。

そのような子どもを一人でも減らして、将来への可能性をお金の問題で摘むことなく、自由に、好きなことが学べる社会の実現を実現します。

また、子どもの学費は、子育て世帯にとって大きな負担になっております。

教育の無償化を実現することで、これまで学費に充てられていたお金が、他のことに回り、日本経済の活性化が期待できます。

最後に、不妊治療助成や、産前産後ケアなど子育て支援の一層の充実を行います。

少子化が叫ばれて久しいですが、国や都は、少子化の進行に歯止めをかけるための有効的な施策を打ち出せておりません。

晩婚化等によって不妊が増えております。

そして、若い世帯では夫婦共働きが当たり前です。

しかし、不妊治療の費用に悩んだり、仕事と育児の両立が難しいのが現状です。

大胆な不妊治療費の助成、また、夫婦で子育てをすることが当たり前にできる環境づくりを行ってまいります。

現役世代・将来世代への大胆な投資によって、一時的に新たな財源が必要になります。

しかし、子どもたちは近い将来、納税者になります。

教育環境や子育て環境を整備することで、結果として、彼ら、彼女らの所得が増加することにも繋がり、税収の増加に結びつきます。

大胆な教育、子育て世帯への投資を責任を持って行ってまいります。

江東区からは、日本維新の会公認候補「しみず良平」に皆さまのお力をお貸しください。

引き続き、明日も江東区内でお訴えをしてまいります。

都議選1日目(江東区)~日本維新の会・公認候補「しみず良平」~

おはようございます。

「金澤ゆい」です。

本日も、江東区内で活動してまいりました。

梅雨も本格化しておりますが、雨にも負けじと、区内のあちこちでお訴えを続けさせていただいております。

本日は梅雨は何処へ、日差しが眩しい暑い1日でした。

早速ですが、本日から始まった東京都議会議員選挙。

江東区選挙区からは「しみず良平」が立候補の届け出をしてまいりました。

もともと私のボランティアスタッフとして、江東区で共に活動をしてまいりました。

東京都政は、コロナ対策も含め教育や福祉など、私たちの暮らしに密接に関わっています。

しかしながら、今の東京都は、科学的根拠に基づかないその場しのぎの休業要請や外出自粛要請を連発し、都民の皆さまの暮らしを疲弊させてきました。

江東区でも、私が伺っていたお店が何軒も閉店しました。

何もしてあげられなかったことが、本当に歯がゆくてなりません。

今、都政に求められているのは、休業要請や時間短縮営業とセットの十分な補償です。

さらに、非正規雇用の方をはじめとしたコロナ禍で家計に大きな影響の出ている家庭へのさらなる支援が必要です。

そのために、しみず良平は行財政改革をはじめとした、行政のスリム化の断行をおこないます。

さらに、政治家自らの報酬カットを行い、東京復活への覚悟と決意をもって都政に挑戦します。

しみず良平は、元プロボクサーのスポーツマンです。しかし難病を患いボクシングを諦めることとなり、人生の絶望を経験しました。

そのような苦難を乗り越えてきたからこそ、弱い立場の人、困っている人、様々な理由で苦しんでいる方に寄り添い、共に前を向いて歩んでいくことができるのではないでしょうか。

民間企業での勤務後は、長年政治家秘書を務め、民間の感覚、政治の経験も十分に持った即戦力になる人材が「しみず良平」です。

私も自信を持って、しみず良平を応援しております。

本日は足立康史衆議院議員も応援に駆けつけてくださりました。

江東区の皆さま、ぜひ皆さまの一票を「しみず良平」に託していただきますようお願いいたします。

実は、自撮りもSNS投稿も、ほとんどしない人でした。 〜伝えなければ、伝わらない。〜

おはようございます。

最近は、政治活動にプラスして、

消防団に、

JC(東京青年会議所)に、

そして防災士の勉強まで、

幅広く活動を行なっております。

全ては、同じ目的に収束するわけなので、実は繋がっています。

今回はタイトルの内容をお話ししようと思うのですが、皆様もお仕事や学校などで、

「細部まで話さなくても(伝えなくても)、伝わっていると思っていた。」

ということに陥ったことはないでしょうか。

特にメールなどの文章では、誤解も多く招きます。

(私は感情抜きの、論点だけ送りがちなので「ヴァイオレットエヴァーガーデン」のヴァイオレットみたいだ、とたまに言われます;)

私は社会人時代は”泥臭いこと”を表に出さず、スマートに仕事をするのがカッコ良いと思っていました。

それに成果を出す人は、スマートにやっているだけでは成果を残せないし、必ず泥臭いこともやっているのが当たり前と思っていました。

しかしある日、先輩にこんなことを言われて、頭を悩ませました。

「何もかもスマートにやりすぎ。〇〇さんみたいに、もっと泥臭いことをやれ、そういうのを表に出した方が良い。」

と。私は衝撃を受けました。

成果を残している=自ずと泥臭いこともやっている

というのが言わなくても伝わっていると思っていました。

あまりに人間臭さがないより、少しはそういった面を見せた方が共感もしてもらえるのだな、と思いました。

しかし、今まで見せないスタイルでやってきた私は、どうやったら良いのか検討もつきませんでした。

そして、気づけばもう1年半くらい経った政治活動。

私は社会人時代の経験を活かして、情報発信することを心掛けています。

政治活動を始めるまでは、自撮りもしないですし、SNSも見る専、写真フォルダにある写真は、風景やペットや家族写真ばかりでした。

1年前には、下記の写真の自撮り棒も購入してみましたが、最近は面倒で使っていません;

映える写真を撮影することが目的ではないですし、写真の見栄えが少し悪くても良いか、と思っています。

政治活動はあまり身近ではないため、発信して知ってもらい、またそれだけではなく有益な情報も発信する必要があります。

伝えても、伝わってないことが多々ある中で、”伝える”ということはしっかり行っていきたいと思います。

きっとそれは会社でも、日常でも、家族やカップルでも、同じだと思います。

なので、政治家もしっかりと国民へ情報公開をしていただき、かつ議論も建設的に行なっていただきたいと思いますし、そうなるように変えていきたいです。

全てを伝えるのは難しいですし、文章はさらに難しいですが、できることからやっていきたいと思います。

追伸:メインの写真は政治活動を始める前に撮っていた写真の一例。初登場、家族の犬です。