金澤ゆい公式サイト

「頑張っている人が報われる社会」へ ~衆議院選挙(江東区)11日目~

おはようございます。

「金澤ゆい」です。

本日は衆議院選挙の11日目でした。

早いもので、泣いても笑ってもあと1日を残すのみです。

本日は門前仲町駅からスタートし、ずっと応援してくださっている深川資料館通り商店街を歩いたりと、江東区内あちこちで活動してまいりました。

片山虎之助参議院議員(日本維新の会共同代表)も駆けつけてくださりました。

20時まで活動した後は、地元門前仲町にて終電までご挨拶をしておりました。

たくさんの出会いがあり、励みになり嬉しい限りです。

2年間の政治活動に加え、この11日間の選挙期間を、私は区内をだれよりも歩き、さまざまな方と対話し、全力で政策の訴えをしてまいりました。

活動を始めたばかりの頃は、若い女性が一人でなにをやっているんだろうと、白い目で見られたり、チラシも全然受け取ってもらえませんでした。

それでも、地道に活動を続け、緊急事態宣言中には行政のコロナ支援策やワクチン接種のご案内を続けてまいりました。

そうして、徐々に応援してくれる方が増えて、選挙期間には連日、多くのご声援をいただきました。

「応援してるよ」「政治を変えて欲しい」

多くの応援と、ご期待を受けていると感じております。

私は一人ではない、皆さまの思いを背負い、共に戦っているんだと思うと、励みになります。

皆さまの応援と、ご期待を力に、残り1日全力で駆け抜けてまいります。

私が政治家を志したきっかけでもある「民間企業で働く中で感じた、まだまだ日本に残る女性への差別」をなくしていきたい。

働きたいのに働けない、能力があるのに評価されない。そんな社会を変えていきたい。

そのために、雇用流動的な社会を実現し、能力や意欲によって評価されるを「誰もが自由に選択できる社会」を実現します。

規制の改革をおこない、業界への参入障壁を低くします。新たな挑戦を促進することで、民間の活力を存分に発揮できる社会を実現します。

教育の無償化を促進することで、子育てにかかる家庭の経済的負担を減らし、大胆な少子化対策を実施します。教育格差をなくし、お金の問題で将来を諦めない、子どもたちにとって、自由で希望に満ちた未来を創ります。

性別や年齢、生い立ちなどによって差別されない「頑張っている人が報われる社会」を日本に創ります。

生活と、挑戦のセーフティネットとして、さらには老後も確実に受給できる社会保障制度の改革の一つとして、ベーシックインカム制度の導入を進め、最低限の生活を担保し、安心して生活できる社会を実現します。

若い目線、女性目線、民間目線がまだまだ政治には足りません。

政治家とは国民の代弁者であり、多様な背景を持つ人が、国会で自由闊達な議論を交わし、日本をより良い国に、私たちの生活をより豊かに変えていくのです。

令和の時代に入ってもなお、平成生まれの国会議員は1人もいません。

衆議院議員の女性比率は1割以下です。

このような国会の状況で、若い方の意見が、女性の意見が政策に反映されないであろうことは想像できます。

私も政治の世界に入って、若年層や女性が政治家になるためのハードルの高さを目の当たりにしました。

資金も、人脈も圧倒的に足りません。体力的にもハードな活動が続き、家事や子育て、介護があればなおさらです。

私は、誰よりも江東区内を歩き回り、一人一人を対話を重ね、どれほど辛くても誰よりも活動を続けてまいりました。

貯金をはたき、友人知人に片っ端から連絡をしてボランティアとして選挙を手伝ってもらっています。

誰かがやらないと変わりません。

私が風穴を開けて、政治を変えていきたい。

厳しい戦いです。

ですが、「応援してるよ」「政治を変えて欲しい」

こういったご声援に応えたい。

共に未来を変えたいんです。

最後のお願いです。どうか皆さまのお力を「金澤ゆい」お貸しください。

お願い

直接、3人のお知り合いに「金澤ゆい」を紹介してください

電話やLINEなどで、3人のお知り合いに「金澤ゆい」を紹介してください

SNSで「金澤ゆい」を紹介してください(私の投稿の拡散もお願いします!)

江東区にお住まいの方は、「金澤ゆい」一票をお託しください。

江東区の、国民の声で、政治や国が動く。そんな当たり前の世の中を創っていきたいです。

「対話で未来を拓く」

よろしくお願いいたします。

金澤ゆい「教育の無償化」 ~衆議院選挙(江東区)7日目~

おはようございます。

「金澤ゆい」です。

本日は衆議院選挙の7日目でした。選挙戦も後半戦、残すところ5日間です。

走って走ってお話をお伺いしております。

日に日に高まるご声援、ご期待を力に、最後まで全力で駆け抜けてまいります。

本日も江東区内を隅々まで回り、お訴えをさせていただきました。

活動途中に、可愛い女の子が手を振ってくれたので、駆け寄ってチラシをお渡ししに。

女の子の母「娘が応援しているんです!会えて良かったです!」

女の子「がんばってー!」

私「お姉さんがこの人(チラシ指差し)だよ!」
(まだお姉さんって言って良いかなぁ…)

嬉しい出会いでした!

子供たちの将来のためにも全力で頑張ります!

※写真は過去のものでイメージです。

手を振ると、いつも振り返してくれる、子どもたちの無邪気な笑顔を絶やさないため、大人になっても明るく笑って過ごせる日本を創るために、全力を尽くしてまいります。

夕方からは、私も所属しているJCI東京(東京青年会議所)主催の、「第49回衆議院議員総選挙ネット公開討論会 東京第15区(江東区)」に参加させていただきました。

各候補者から、これからの日本について熱い議論が交わされました。

私も思いのたけを述べさせていただきましたので、ぜひご覧ください。

https://live.nicovideo.jp/watch/lv334042829

連日、街頭演説や、お一人お一人とお会いしながら、政策のお訴えさせていただいておりますが、「昼間は区外にいて聞けない」「チラシが届いていない」というお声もいただきます。

未来を変えるかもしれない大切な選挙。しっかりと政策を見て、投票先を選んでいただきたいと思います。

本日は、昨日の「同一労働同一賃金」に続き、連載の6回目となります。

ご覧いただいて、ご意見やご質問などございましたら、お気軽に金澤ゆい事務所までお寄せください。

6つ目の政策は、「教育の無償化」です。

教育費の負担は、子育て世帯の家計に重くのしかかり、少子化の一因になっております。

また、高い授業料は、家庭の経済力の問題で進学を諦めたり、周りの子どもがやっている習い事ができないなど、教育格差にも繋がります。

高等教育を受けた方が生涯賃金が高くなりやすいという統計からも、教育格差が貧困の連鎖に繋がる、負の連鎖を断ち切らねばなりません。

そのために、子育て世帯の負担を軽減し、少子化対策となる教育費の完全無償化を実現してまいります。

さらに、子育てを支援し、子どもたちに平等な教育機会を与えるバウチャー制度を推進し、子どもたちが「自由に選択できる社会」を創ります。

・大学卒業までにかかる授業料や給食費の無償化を実施します。

・さらに、さまざまな子育て支援サービスに利用できる子育てバウチャー※や塾などの習い事を応援する教育バウチャー※の導入を推進いたします。
※国や自治体などが目的を限定して個人を対象に補助金を支給する制度。

政策の詳細はこちら↓

明日で選挙戦も8日目。

引き続き、区民のお一人お一人と対話を重ね、区内各地で政策をお訴えしてまいります。

期日前投票もご利用して、皆さまのご意思を一票に託してください。

また、江東区に住むお知り合いにぜひ「金澤ゆい」を紹介してください。

共に政治を動かして、日本を変えてまいりましょう。

「対話で未来を拓く」

「金澤ゆい」にあなたの一票をお託しください。

よろしくお願いいたします。

未来に必要な教育を考える。 (衆議院東京15区 江東区 金澤ゆい)

おはようございます。

「金澤ゆい」です。

本日も、深川エリアで活動してまいりました。

日に日に気温が下がってきて、肌寒いと感じる気候です。

気温の変化に対応できるよう、一枚羽織れるものを持っていくと良いと思います。

本日は、活動中に子どもたちから「頑張ってね!」と応援の言葉をいただき、励みになりますし、嬉しい限りです。

無邪気で可愛い子どもたちですが、これからの日本の未来は、今の子どもたちが担います。

「日本に生まれてよかった」と子どもたちが思える未来を創るためにも、日々活動を続けております。

社会構造が変わると、仕事で求められるスキルも変わっていきます。

時代や環境に合わせて、知識や技術、経験も変わっていく必要があると思います。

本日は、私の思い描く、未来の教育を少しご紹介いたします。

AIなどテクノロジーの発達により、私たちの仕事もデジタル化が進み、働き方も大きく変化してきました。

今後さらにテクノロジーが発達する将来、今の子どもたちが大人になった時に、子どもたちが未来を創造し、世の中を発展させていくためには、どのような学びが必要なのでしょうか。

それは、横並びで知識や技能を重視する、従来の定量的な教育システムに対して、「社会課題を抽出する・それを多角的に解決する・新しい価値を創造する」それぞれが主体性を持ち「答えを教えるのではなく”自ら考える”」ことのできる教育方法だと思います。

単純な学力以外の数値化できない力にも目を向けて、伸ばしていくことや、友人と刺激し合いながら共に学びを深め、創造性を育むことが必要です。

これらを実現するための学びの一つが「STEAM教育」と考えます。

そもそもSTEAMとは何かというと、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学・ものづくり)、Art(芸術・リベラルアーツ)、Mathematics(数学)の5つの英単語の頭文字を組み合わせた造語です。

理数教育に加え創造性の教育をおこなうことで、科学的に考えるだけではなく、そこから創造し問題解決できる力を育みます。

体験を通してさまざまな課題を見つけ、クリエイティブな発想で問題解決を実現していくための手段を身につけることで、社会とテクノロジーがますます密接になっていくこれからのAI時代に、子どもたちの生きる力を育むという狙いがあります。

「STEAM教育」によって、

・課題を自ら見つける力

・物事をさまざまな面から捉え解決する力

・新しい価値を創造する力

を身につけることができるといわれます。

このSTEAM教育に関しては、私の所属する東京青年会議所(JCI)で「課題創造型人財の創出に向けて、STEAM教育を知り実践すること」を目的として、2021年の3月から8月まで、毎月STEAM教育の学習を実施して来ました。

最終月には、小学生〜大学生と社会人の混合チームで、決められたテーマに関して、抽出した課題と課題解決策についてのプレゼン発表をして頂きました。

唯一の正解のないテーマかつ、コロナ禍でオンラインでの打ち合わせからのチーム発表は一層の難しさがあったと思いますが、どのチームも今までの学びを活かし、短期間で完成度の高いアウトプットで感激いたしました。

このような経験をもっと多くの方にして頂きたいですし、彼らには今後の人生でも活かせて貰えたらと思っています。

日本の教育は、Art(芸術・リベラルアーツ)の分野が弱く、官民が連携して環境を整備していくことが求められます。

教育の無償化を進め、教育格差の是正や保護者負担の軽減を図ることは必須ですが、同時に将来を見据えた、質の高い教育の実現も喫緊の課題です。

子どもたちが自由に人生を選択できるよう、私もより良い学びの環境を実現してまいります。

(そのためには教育現場の先生方の環境の改革や、就職の仕組みなど複合的な改革が必要ですが、それはまた今度・・・)

追伸:本番が近づくにつれ、地元でも多くの応援のお声をいただいております。

本当にたくさんのご期待をいただいていると感じます。

必ずご期待に応え、若い世代で、今の停滞した政治に風穴を開けてまいりたいと思っております。

今の子どもたちのためにも。

度々のお願いで申し訳ない限りですが、本番まで2日、ラストスパートをかけるために、皆さまのお力をあと少しだけお貸しいただけないでしょうか。

↓金澤ゆいを応援する3つの方法
https://kanazawayui.com/support/

よろしくお願いいたします。