金澤ゆい公式サイト

グリコを退職しました。「意識高い無職」です。~新たなスタートへ~【後編 vol,2】

おはようございます。

「金澤ゆい」です。

本日は、深川エリアで活動してまいりました。

相棒の自転車に乗って、走り回っていました。

見かけたら、お声がけいただけますと幸いです。

今回は、なぜ日本維新の会なのか、この数ヶ月でどのような変化があったのか、

というお話をしたいと思います。

後編のvol,1は下記になります。

私が政治家を目指すと言った時、最も驚いたのは、家族と友人だったと思います。

なぜなら、私は正直言って、政治家があまり好きではありませんでした。

テレビに映る政治家は批判ばかりですし、民間企業だったらクビになるような汚職も多いですし、全然信用なりませんでした。

なので、政治家に頼っても世の中は良くならないし、自分たちにツケが回ってくると思ったら、自分で力をつけて、民間企業で働いて、そして自分でビジネスをしようと思っていました。

しかし約7年間、大阪で過ごしていたのですが、そこで出会ったのが大阪維新の会でした。

大阪の府民の声を聞いて、大阪を変えていくのを見て、こんなにもまだ私達の声聞いて、何かやってくれる政治家がいるんだと、思いました。

大阪の方で、東京で改革が起きたからその影響で大阪でも改革が起きたと思っていた方もいましたが、違います。

地下鉄のトイレが綺麗になったのも、駅の売店がコンビニになり天下りが無くなったのも、議員の定数削減したのも、大阪独自の改革です。

そのときに思いました。

まだまだ若い世代でも、この国を変えていけると。

私もその1人になって、一緒に働いていきたいと、そう思いました。

私と一緒に活動しているメンバーも同じ思いを持っていると思います。

今の状況をどうにかしたいと思っています。

この世界に入って、この半年で目まぐるしく環境は変わり、自分も変わりました。

その中の1つとして、人に頼れない性格でしたが、頼らないと生きていけないことに気づきました。

家族や友人や先輩に頭を下げ、そしてボランティアメンバーを頼らせてもらいました。

自分の生活もあって大変だと思います。

ですが、人生100年と言われてる中の、たった数日、数時間でも良いから、今まで来れてなかった人も、手伝いに来てほしいと思っています。

今は何も返せないけど、絶対に一緒に活動したことを後悔させません。

私は女性や、若い世代だけではなく、年配の方や、そして障がい者さらに子供も含めて、頑張っている人が報われる、「誰もが自由に選択できる」そんな未来を作っていきたいと思っています。

そのためには1人では何もできません。

最初の頃は、1人で戦っていると思っていました。

だけど今は、仲間がいる、家族がいる、応援してくれる方々がいる。

平成生まれで、グリコのポッキーのマーケティングというキャリアも捨てて、政治家の家系でもなくて、いきなり国政に挑戦する・・・

そんな無謀な人間、日本で1人しかいません。

奇跡の瞬間に立ち会えるかもしれません。

共に新しい風を吹かしていきましょう。

もし少しでも共感してくださりましたら、ボランティアに来ていただいたり、寄付で、お力を貸していただけますと幸いです。

<ボランティア>
 下記で問い合わせ可能です。
 お気軽にご連絡くださいませ。

 電話番号    070-1361-4280
 メールアドレス mail@kanazawayui.com

<寄付>
 1,000円から受け付けています。
 いただいた寄付は、1円たりとも無駄にしません。

この言葉を聞いて、最初に思い浮かべるものは何か。

「改革」

おはようございます。

「金澤ゆい」でございます。

本日は、門前仲町エリア、清澄白河エリアを中心に活動してまいりました。

地元のエリアでは応援してくれる方も増えてきて、非常に励みになっております。

そして、応援してくれる方やボランティアが増えるたびに、もっと頑張らなくてはと思います。

最近、活動中に江東区の方とお話をしていたところ

「今のままでは良くないと思っている。」

というご意見をいただきました。

その言葉を聞いて、私は驚きました。

なぜなら今までは、

「変える必要がない。」

「今の生活に不満はあっても、耐えられないほどではなく、声をあげるほどではない。」

「そもそも今の現状に不満がないので、変えるとかそういったことに思いをはせない。」

といった方が多い印象だったからです。

私は何かを変えるとしても、政治で変えようとは思っておりませんでした。

しかし、政治が変われば街も、暮らしも、未来も変わることを目の当たりにしたのが、大阪の改革でした。

私は約7年間、大阪で働いていたのですが、地下鉄の売店は便利になり、トイレも非常にきれいになりました。

街を歩けば、おしゃれなスポットも次々と誕生し、国内外問わず観光客も増えているのを肌で感じました。

大阪の経済が活性化し、街の皆さまの笑顔も増えていきました。

新たなスポットができても、昔ながらの街並みは残り、共存しながら発展していっていると感じました。

「改革」

この言葉を聞くと、尻込みする方もいるかと思います。

変えることが目的になっては本末転倒ですが、良くするために変化していくのは必要だと思います。

なんだか大きなことに聞こえますが、私たちは常に進化し、変化していかなければいけません。

これまで続いてきた良い部分は残して、捨てる部分は思い切って捨てる。

選択と集中です。

現状を変えていくのは、とても労力が必要です。

そしてその労力を考えると、面倒という気持ちが先行して行動まで起こせないこともあるでしょう。

変えることには大小問わず反対もつきものです。

むしろ反対意見がないのは、たいして世の中に影響もなく、本質的な問題に絆創膏を貼って応急処置をしているようなものです。

しかし本当に強い意志があれば変えていけます。

誰もやらなければ、自分がやれば良いのです。

批判するのは誰でもできます。

批判するくらいなら、自分で変えれば良いのです。

そして、自分で変えるのが難しければ、変えようと行動している人に託せばよいのです。

誰だって自分の生活がよくなることを嫌がる方はいないはずです。

もちろん、それぞれの”良い”の定義は異なるかと思いますが。

そのためにも江東区民のみなさまの声をお伺いして、その声を反映していく必要があると思っております。

そして江東区の、国民のみなさまにとって、より暮らしやすい日本の実現に向けて引き続き活動してまいります。