金澤ゆい公式サイト

4つの改革② 子育てを応援し、未来を豊かにします!【政策シリーズvol,3】

おはようございます。

「金澤ゆい」でございます。

本日は、深川エリアを中心に活動してまいりました。

引き続き、年末のご挨拶に回らせていただいております。

先日は支部長記者会見がございました。

東京都の選挙区の支部長12人の内、私は最年少の支部長です。

※画像は撮影時のみマスクを外しております。

そして、記者会見後は急きょ「やなチャン!」に出演させていただきました。

こちら、37分ごろから出演しております。

https://youtu.be/7piNM5OH7o0

私の経歴や、活動などについて幅広くお話しさせて頂きました。

支部長同士切磋琢磨しながら、活動を続けてまいります。

先週から配り始めた新しいチラシに掲載した、地元の政策をご紹介してまいります。

新しい社会像を目指した「金澤ゆい4つの改革」のうちの2つ目になります。

子育ての街、江東区へ

  • 保育料、給食費はゼロへ

 子どもの育てやすい街づくりは少子化対策の第1歩です。まずは
子育て世帯への支援をより一層手厚くし、金銭的負担を少なく
することが重要です。0~2歳児の保育料の所得制限を撤廃する
とともに、給食費を世帯収入に関係なくゼロに近づけます。

  • 大学卒業までの教育費を支援

 大学卒業までにかかる授業料の無償化に加えて、塾などの習い
事を応援するバウチャー制度(※)の導入を推進していきます。
※国や自治体などが目的を限定して個人を対象に補助金を支給する制度。

  • 不妊治療に保険適用の推進

 不妊治療に関する補助金・助成金について、まずは所得制限の
撤廃を行い、あわせて保険適用を推し進めます。さらに出産費用の
完全無償化を図るなど、女性としての当事者目線で課題や問題点
に向き合っていきます。

ちなみに、1つ目の政策は下記になります。

なぜ、女性視点が欠けるのか。

おはようございます!

「金澤ゆい」です。

本日は地元の清澄白河エリアで活動を行っておりました。

そして、本日から 夕方の駅頭の前にスーパーでのご挨拶も実施いたしました。

初めて立たせていただいた「マルエツ清澄白河店」さんでは新しい出会いが!
これまで出会えなかった方々とお会いすることができました。

駅頭時に、同じ大学出身の女性と意気投合し、民間企業での女性のキャリア形成、少子高齢社会について熱く語り合いました。

最近、女性の方からのご相談が多いです。

それだけ、相談できる相手が少ない、むしろ現状の違和感に気づいていない、という状況が蔓延しているのを感じます。

「私たちも、声をあげてよかったのか。」

と、そう思わせることのないような世界にしていきたい。

少子高齢化です、子供を産みましょう。

とか、

女性の活躍推進します、働きましょう。

とか、

環境も整っていないのに、これでは価値観の押し付けとしか思えません。

なぜ、こんなにも女性視点が弱いのでしょうか。

それもそのはずなんです。

現在、衆議院議員の女性比率はわずか9.9% 。(2020年1月1日時点)

1割にも満たない状況です。

東京都内の衆議院議員は42人いますが、女性はたったの2人 (約4.8%) です。

例えば、100人の社員がいる企業で女性が5人しかいないとしたら、違和感を感じませんか。

ましてや、すべての国民の代弁者である国会では尚更だと思います。

女性の社会進出に直接関わりのある、雇用や子育てに関する法律を立法している国会議員の女性比率がこんなにも低いことが、女性の当事者目線ががなかなか反映されない要因になっているのではないでしょうか。

私は当事者だからこそ、自分と同じような方々の声を代弁することができる、むしろしていかなくてはならないと思っております。