金澤ゆい公式サイト

江東区 富岡八幡宮の歴史 ~創建編~

おはようございます。

「金澤ゆい」です。

本日は、東陽町・深川エリアを中心に活動してまいりました。

緊急事態宣言の延長が発表されましたが、引き続き、新型コロナウイルスの支援のご案内や、感染拡大防止の啓発活動をおこなっております。

新型コロナウイルス支援策をまとめたチラシが必要な方はお気軽にお声がけくださいませ。

「金澤ゆい」事務所のある深川エリアには、富岡八幡宮という江戸最大の八幡宮がございます。

長年お詣りをさせていただいておりましたが、昨年から地元の方にお誘いをいただいて月次祭にも参加させていただいております。

2月は節分祭豆まき式が行われる予定でしたが、新型コロナウイルス感染症防止のため、残念ながら中止となりました。

事前予約を行い、節分神札と福豆をいただきました。

自粛疲れという言葉があるように、家に長時間いると疲れてしまうこともあります。

散歩がてら、近所の神社やお寺に参拝に行くのも良いかもしれません。

気持ちが引き締まります。

せっかくなので、「深川の八幡様」と親しまれてきた富岡八幡宮の御由緒をご紹介いたします。

現在の江東区が位置する場所は、江戸時代までは東京湾に注ぐ河川のデルタ地帯の一部で、海面と散在する小島があるだけでした。

江戸時代始まって間もない頃、当時永代島と呼ばれた小島にご信託により創建されました。

永代という地名は門前仲町駅から徒歩圏内のエリアに残っていて、「永代通り」という通りの名にもなっております。

当時は「永代嶋八幡宮」と呼ばれ、周辺の砂州一帯の埋め立てにより、60,508坪もの社有地がありました。

「深川の八幡様」と親しまれ、今も昔も変わらぬ信仰を集める「江戸最大の八幡様」です。

深川エリアにお越しの際は、富岡八幡宮にもぜひお立ち寄りくださいませ。


富岡八幡宮公式ホームページ 御由緒

http://www.tomiokahachimangu.or.jp/htmls/goyuisho.html

江東区公式ホームページ 江東区のおいたち

https://www.city.koto.lg.jp/011501/kuse/profile/shokai/5362.html

迅速で実効性の高いコロナ対策へ ~新型インフル等特措法、感染症法等の改正についての申し入れについて~

おはようございます。

「金澤ゆい」です。

本日は、深川・城東・湾岸エリアで活動してまいりました。

新型コロナウイルスの支援のご案内と、啓発活動を街宣車にて行ったり、必要な方に支援策をまとめたチラシをお渡ししたりしております。

チラシが必要な方、周りに必要とされている方がいらっしゃいましたら、お気軽に「金澤ゆい」までお声がけ、ご連絡くださいませ。

1月18日から通常国会が召集されております。

新型コロナウイルスが猛威を振るう中で、新型インフル等特措法、感染症法の改正をはじめとして、感染拡大を防ぐための法案が審議される予定です。

そこで、日本維新の会は与党に「新型インフル等特措法、感染症法等の改正についての申し入れ」をおこないました。

実効性を高めて経済と事業者を守るための、補償とセットの罰則規定や、迅速で的確なコロナ対応をおこなうために地方に権限を委譲することを求めております。

このような時に、皆さまにお役に立つ法律や制度を整える立場にいない自分を悔しく思っております。

新型コロナウイルスの支援策をお困りの皆さまにお届けするなど、今私にできる活動を引き続きしてまいります。

新型コロナウイルスが猛威をふるう中で。

おはようございます。

「金澤ゆい」です。

本日は、地元深川エリアを中心に活動してまいりました。

新型コロナウイルスが再び猛威をふるっております。

新年のご挨拶や、政策のお訴えもなかなかやりづらい中ですが、新型コロナウイルスの支援のご案内など、できることをしっかりとおこなってまいります。

こちらのサイトに新型コロナウイルス感染症の、個人の方、事業者の方、外国人の方に向けた江東区の支援情報などが掲載されております。

https://www.city.koto.lg.jp/011501/covid19.html

お困りごとがありましたら、上記のサイトをご参照ください。

ご相談ごとがありましたら、私までお気軽にお声がけください。

また、日本維新の会でも、新型コロナウイルス関連肺炎(COVID-19)対策本部にて、新型コロナウイルス対策に関する提言(第7弾)を取りまとめ発表いたしました。

https://o-ishin.jp/news/2021/images/804b223340fa8ac84686b96f615af8c692f37232.pdf

医療体制や経済政策についても、地元のお声をお伺いし、引き続き政策提言につないでまいります。