金澤ゆい公式サイト

言うは易く行うは難し ~記念!第15,000回目の駅頭&辻立ち〜

2023年12月28日
第15,000回目の駅頭&辻立ち

クリスマスだろうと、大晦日だろうと、元旦だろうと、活動は続くよどこまでも。
頑張れるのは、応援してくれる方々がいるからです。いつもありがとうございます!

2023年12月28日の朝の駅頭は「第15,000回目の駅頭&辻立ち」記念でした!
(この4年間のざっくりの記録なので、もしかしたらもっと多いかもしれません。)
ホームである清澄白河の駅で立たせていただきました。寒い中ですが、多くの方にチラシをお受け取り、お声がけいただき、心が温まりました。

2021年の初めての衆議院選挙にて悔しくも惜敗率1.9%で落選する前、
2年間、毎日、朝夕に駅頭をして、土日に100ヶ所辻立ちチャレンジ!とかやっていたので気づけばこんな回数に。
辻立ち100ヵ所は、1ヵ所3~5分で、朝10時スタートでも19時くらいまで終わらないので、体力的にメンバー共々ハードすぎて、途中から20~50回になりましたが・・・

この4年の活動の記録によると、通算15,000回です。
駅頭だけでは数えていなかったので回数は不明ですが、少なくとも駅頭も2,000回は超えてる事は確かですね。
今年は個別訪問など地道な活動も大切にしつつ、落選前とは異なる活動にも取組んでみました。あっという間の1年間でした。

ポスターを貼っていただけるのは嬉しいものです。ありがとうございます。

さて今年も残りわずか。ブログの整理をしていたら、昨年、献金を下さった方の言葉で心に残ったものが投稿されていないままになっていたので、ご紹介させていただきたいと思います。

日々の活動に敬意を表します。
さて、応援が必要とのことですので、今回、献金という形で応援したいと思います。何かの足しになれば、幸いです。
金澤さん、スタッフの皆さまの願いが叶いますようお祈り申し上げます。
なお、心で想っていることは、その想いの強さと、長さによって実現する可能性が高まると聞いています。(実現率=想いの強さ×想っている時間)
色々、大変だと思いますが、ベストを尽くして下さい。

時には心が折れてしまいそうになることもございます。
落選後、まだ支部長を続けるのか、起業するのか、はたまたサラリーマンに戻るのか、悩みました。今でも迷うことはございます。

しかし、多くの方の応援の声に応えたい、それは当選という形で恩返しするしかないと思い、再挑戦する決意をして活動し、もう2年が経ちました。

楽な道のりではございません。

けれど、世の為、人の為、どうにか頑張っていきたいと思う次第です。
この強い想いだけは変わりません。

そして、想いだけではなく行動に移していきます。

「言うは易く行うは難し」

そして活動を続けるためには、どうしても費用が必要です。

事務所の維持や、車の維持費、人件費、ポスターやチラシをデザインしたり印刷するだけでも100万円単位の費用がかかります。

落選するというのは、ただの無職になることです。給与なんてものも、守ってくれるものもございません。
自分の住む家や、今も大学の奨学金を返済しながら生活しているので、その工面も必要です。
ギリギリのところまで追い詰められましたが、厳しい言い方をすれば、これは自分で選んだ道。

しかし、1人では限界がございます。

いつもお願いばかりで、何も返せていないことに心苦しさもございますが、どうか皆さまのお力添えのほど、よろしくお願い申し上げます。

遅めのクリスマスプレゼント、もしくは早めのお年玉、お待ちしております。

皆さま、良いお年をお迎えくださいませ。

※1,000円から150万円まで、寄付を受け付けております。(1年間で個人が寄付できる最大が150万円までです。)
※寄附金控除も可能です。

東京都15選挙区支部「決起大会」 〜統一地方選挙へ向けて〜

先日はご多用の中、多くの方にご参加いただき、誠にありがとうございました。
またスタッフも準備など、ありがとうございました。

とうとう4月に統一地方選挙がございます。
江東区には日本維新の会の区議会議員は0人です。江東区は44名の定数に対して約60名が立候補する予定です。
1票の差で当選か落選が決まるのが、区議会議員選挙。

今回の決起大会は多くの方に集まって頂きましたが、初めてミニ集会を開催した日が懐かしくなりました。
日本維新の会の名前も知られておらず、江東区で維新と言ってもほとんどの人が知らなかったあの頃。
毎日街を歩き、声をかけ、最初はどうにか2〜3人を集める。
そこから一歩ずつ地道な活動を重ねて、今では応援してくれる方が増えてきており、嬉しい限りです。

区議会議員は最も私たち区民と距離が近く、気軽に相談できる存在であるべきです。その為にも、自分の足で歩き、多くの方と対話を重ね、それを政策へ移していくことが重要だと思っています。

議員という職業にあぐらをかかず、自ら汗をかき、区民と共に江東区を良くして行こうという志ある人間が区議会議員として働いて欲しいと思います。

今回、区議会議員に挑戦予定の3名を簡単に紹介したいと思います。
詳細は別途ブログで記載しておりますので、そちらも合わせてご覧ください。

古賀じょうじ江東区政対策委員
砂町在住で、南砂小学校のPTAやPTA連合会長も務め、青少年委員会やドッチボールの指導者を勤めるなど、地域の為に活躍してきました。とても気さくな方で、地域の為に熱くなれる方です。民間企業で働いて来た実績もある、即戦力となる人材です。

松澤あいり江東区政対策委員
豊洲在住で、4人の子どもの母親、シングルマザーです。
様々な苦労をされて来ておりますが、だからこそ見える視点や、困っている人に寄り添う優しさがあると思います。しっかりと自分の意思を持ち、江東区を自分の身近なところから良くしていきたいと前に突き進んでいく強さがあります。

千田まさひろ江東区政対策委員
日本の文化や正しい歴史を学んでもらおうと勉強会を約300会以上開催してきた、日本の事をこよなく愛する漢です。非常に真面目で、ポスターはその真面目さを反映した写真になっていますが、笑うとチャーミングで親しみやすい人材です。このように日本のことを真剣に考え、まずは地元江東区から良くして行こうと考えてくれる区議が必要です。

日々コツコツと活動を行い、彼らは私たちの気持ちに寄り添える人材だと信じています。しかし、まだまだ知名度も足りない、本当に厳しい戦いです。

30分でも良いのでボランティアに来たいただいたり、寄付も1,000円から受け付けています。また、江東区にお知り合いがいましたらご紹介をいただけますと幸いです。
チーム江東区で頑張っておりますので、応援のほどよろしくお願い申し上げます!

また当日は多くのご来賓の方から応援をいただき、誠にありがとうございました。
皆さまの熱い応援と演説をお伺いして感慨深い気持ちになると共に、私も恩返し出来るように頑張っていこうと決意を新たにしました。

馬場伸幸 代表
井上英孝 衆議院議員
柳ヶ瀬裕文 参議院議員
音喜多駿 参議院議員
猪瀬直樹 参議院議員
石井みつこ 参議院議員
三木けえ 衆議院議員
女優 東てる美

感謝です。

節分祭

富岡八幡宮節分祭に参加してまいりました。

節分は立春前日のことで、寒い冬から春に移る、季節の分かれる日とされております。
季節的な一年の終わる日として古くは「年越し」とも言われていました。
福豆で「鬼は外、福は内」と唱え豆まきを行いました。
皆さまが安寧幸福にお過ごしできますように。

付けは田巻屋さん、ヘアーセットはhacgi&でしていただきました。
いつも、ありがとうございます!