金澤ゆい公式サイト

維新街宣デー再び@江東区

おはようございます。

「金澤ゆい」でございます。

本日も、維新街宣デー@江東区でした。

主に、豊洲、東陽町、亀戸、門前仲町エリアにて活動してまいりました。

何度も訪ねている場所でも、手を振って応援してくださったり、お声をかけていただいたりと、江東区の皆さまのご関心が高まっているように感じます。

豊洲のららぽーと前では、おじいちゃんやおばあちゃん、親子連れの方から、友達と遊びにきていた学生まで幅広い方にチラシをお受け取りいただきました。

チラシを配りながら、子育てや教育、福祉など変えていかなければならないことはいくらでもあるのに、問題を先送りにしていることで今困っている方々も救えておらず、未来の世代にツケを残している今の政治は、変えていかなければならないと改めて思いました。

日本維新の会は、子育て世代をはじめ、子ども達や孫たちの代への投資をしっかりと行い、そこで得た新たな財源で、充実した社会保障制度の実現を目指しております。

そのためには、まずは税金の使い道を見直さなければなりません。
特定の企業や団体に便宜を図るような政治や、今すぐに必要ではない工事や建物に税金を投入していく行政の感覚は、私たち一般の国民から見て乖離があると思います。

慣習で続いてきた事こそ見直し、必要のないことは断固として改革をしていく。

国民の皆さま全体の利益のために政治を行うべく、活動してまいります。

本日も活動にご参加くださった皆さま、ありがとうございました。

日中はまだまだ日差しの強い日が続いておりますので、みなさん体調管理はしっかりと行ってまいりましょう。

引き続き、よろしくお願いいたします。

明日、9月21日は「敬老の日」です。あなたはどんな「ありがとう」を伝えますか。

おはようございます。

「金澤ゆい」でございます。

本日は、森下、豊洲、亀戸エリアなどを中心に活動してまいりました。

明日は「敬老の日」です。

敬老の日は、国民の祝日の一つで、国民の祝日に関する法律(祝日法)では「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」日を敬老の日と定めています。

私はこの日に毎年、祖父母にプレゼントを贈っております。

感謝の気持ちを込めたお花と、自分ではなかなか買わないけど、貰ったら嬉しいものを贈っています。

祖母には、家事で使えるエプロンや寝間着、いつまでも綺麗でいて欲しいので、一緒に化粧品を選びにお店へ連れて行ったりもしました。

スマートフォンをプレゼントして、メールなどのやり方を教えたりもしました。

祖父母で使える温泉券や、二人で育てていける植物、お揃いの湯飲みなどもオススメです。

その中でも大切なのは、感謝の気持ちを手紙に託したり、どんなプレゼントよりも喜んでくれるのは、直接会いに行くことです。

頻繁に会いに行くことはできないので、思い出や、形に残るものを贈ることで、離れた場所にいても、自分との繋がりを感じることができて、温かい気持ちになってもらえたら良いな、といつも思っています。

今の豊かな日本があるのも、私たちが今を生きているのも、祖父母たちがいたからです。

普段はなかなか連絡を取るきっかけがないから、面倒だから、また今度でいいやと、先延ばしにしていたら、一生思いを伝えられない可能性もあります。

だからこそこのような記念日をきっかけに、

「ありがとう。」

と感謝の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

照れくさいかもしれませんが。

直接会って伝えるのが一番ですが、コロナ禍の中で、会うことにリスクもあります。

そんな時は電話が良いと思います。

声を聞くだけでも安心できますし、直接気持ちを伝えることもできます。

明日はぜひ、祖父母に電話してみてください。

私はテレビ電話をして、最近話せていなかった日常の話や、

「ありがとう。これからも元気でいてね。」

と伝えたいと思います。

ガールズトークは世代を越える。

おはようございます。

「金澤ゆい」でございます。

本日は、豊洲、深川エリアにて活動してまいりました。

豊洲でも何回も立っているので、知り合いの方が増えてまいりました。

いつも声かけてくれる、あの方たち、今日は会えなかったな、と思うほどです。

たまには日常のほっこりしたお話を。

先日、商店街へご挨拶に伺った際、おもちゃ屋さんに掲示していただいた
ポスターが傷んでいたので、貼り替えの作業を行っておりました。

すると、小学生くらいの女の子3人組がタスキを付けた私に興味津々の様子で
「お姉さんって有名人なの?」と目を輝かせながら声をかけてきました。

「有名人とかじゃないんだけど・・・」と言いながらチラシを渡すと、
「1990年生まれなんだ。私のお母さんは1980年生まれなの。」と、ガールズトークが始まりました。

真面目な話から、最後には、髪型や服装の話まで。

彼女たちにはチラシに書いていることは難しいでしょうし、選挙に投票できる歳になるのは先のことですが、お小遣いでおもちゃを買えば消費税を納める立派な納税者です。

日本維新の会は「全ての教育を無償化」を政策として掲げています。

彼女たちが大きくなって、例えば私学の特色ある教育を受けたいと
思ったときに、家庭の経済状況などで、遠慮をしなくても済むように
教育の負担軽減にも取り組んでまいります。

癒された活動の一コマでした。

また会えると良いです。