金澤ゆい公式サイト

金澤ゆい「同一労働同一賃金」 ~衆議院選挙(江東区)6日目~

おはようございます。

「金澤ゆい」です。

本日は衆議院選挙の6日目でした。選挙も折り返し。

「期日前投票してきたよ!」「これから投票しに行こうと思っている、頑張って!」という声援に身の引き締まる思いです。

本日も江東区内を隅々まで回り、お訴えをさせていただきました。

朝はお世話になっている門前仲町の赤札堂前からスタートし、豊洲での演説や亀戸商店街での練り歩きをしてきました。

昨日のブログを見て、「私も江東区の知人に連絡しておいたよ」と早速各地から応援をしてくださる方がいて、感謝の気持ちでいっぱいです。

皆さまの応援に応えるためにも、後半戦、ギアを上げて活動してまいります。

連日、街頭演説や、お一人お一人とお会いしながら、政策のお訴えさせていただいておりますが、「昼間は区外にいて聞けない」「チラシが届いていない」というお声もいただきます。

未来を変えるかもしれない大切な選挙。しっかりと政策を見て、投票先を選んでいただきたいと思います。

本日は、昨日の「クリーンな政治の江東区へ」に続き、連載の5回目となります。

ご覧いただいて、ご意見やご質問などございましたら、お気軽に金澤ゆい事務所までお寄せください。

5つ目の政策は、「同一労働同一賃金」です。

日本では、同じ職務をこなしていても、正社員・派遣社員・パート社員などで賃金が違う組織が多くあります。

経験や勤続年数をもとに賃金を決める職能給は、同じ職場に長く勤めれは賃金が上がっていくため、生活の安定が得やすい反面、出産育児・介護等で離職した方や、能力のある若い方にとって実力に見合った報酬がもらえません。

また、年功序列を基本とした雇用の固定化が進むと、コロナ禍のようなパンデミックや、天災が起き、今までの仕事を継続できなくなったり、新たなチャレンジをした際に、他の仕事へ変えにくいという弊害を生みます。

子育てを終えた女性の多くが非正規雇用となる現状を変えるためにも、頑張っているすべての方が活躍できる、雇用流動的な社会へ推進してまいります。

・「同一労働同一賃金」を実現するため、雇用の流動化を阻害する年功序列型の職能給から「同一労働同一賃金」を前提とする職務給への転換を促進します。

・また、女性や子育て世代が活躍しやすい職場環境の整備をします。

政策の詳細はこちら↓

明日で選挙戦も7日目。

引き続き、区民のお一人お一人と対話を重ね、区内各地で政策をお訴えしてまいります。

期日前投票もご利用して、皆さまのご意思を一票に託してください。

共に政治を動かして、日本を変えてまいりましょう。

「対話で未来を拓く」

「金澤ゆい」にあなたの一票をお託しください。

よろしくお願いいたします。

追伸:ワンちゃんとの肘タッチ?も頻繁に行っています。動物愛護も全力で取り組みます。

「吉村洋文」副代表応援演説@東京 (衆議院東京15区 江東区 金澤ゆい)

おはようございます。

「金澤ゆい」です。

本日は、湾岸・深川エリアを中心に活動してまいりました。

午後からは、吉村洋文副代表がご公務の合間に、東京まで応援に駆けつけてくださり、豊洲で演説会をおこなわせていただきました。

政権与党に対峙する、現実的な対案を示すことができる野党として日本維新の会が存在するんだと力強い演説で、多くの共感の拍手もいただきました。

東京15区(江東区)からは私「金澤ゆい」が挑戦予定ですが、東京・全国でも同じ思いを持った支部長の皆さんが活動されております。

日本維新の会へのご支援をよろしくお願いいたします。

あいにくの天候でしたが、多くの方に足をお止めいただき、耳を傾けていただいて嬉しい限りです。

たくさんの温かいご声援もいただき、寒さも吹き飛びました。

多くの応援のお言葉とご期待を胸に、引き続き活動してまいります。

(こんな場面も。悪天候の中、本当にありがとうございました。)

いよいよ明後日が告示日となる衆議院選挙。

日本維新の会共通の重点政策(マニフェスト)が発表され、特設サイトも公開されました。

https://daikaikaku.o-ishin.jp/manifest/

「変えるべきは変える、守るべきは守る」

旧態依然とした政治から脱却して、社会の変化に合わせた改革を起こしていく一方で、古くから受け継がれてきた日本古来の伝統を大切に守っていく。

このような思いを実現するための政策がまとめられております。

ぜひご覧くださいませ。

私も、東京15区(江東区)から改革の一翼を担えるよう、ラスト1日、全力で活動してまいります。

政治活動って何するの? 〜1日のスケジュールと2年間の日々〜 (衆議院東京15区 江東区 金澤ゆい)

おはようございます。

「金澤ゆい」です。

本日は、湾岸・深川エリアを中心に活動してまいりました。

「頑張ってね!」という応援をいただくことも多くなり嬉しい限りですが、本日は「頑張ろうね!」という応援の言葉をかけて頂き、感動いたしました。

日々の地道な活動を見てくださっている方々が居ると思うと、頑張ってきて良かったな、まだまだ頑張ろう!と力が湧いてきます。

時間が過ぎるのは早く、気が付けば政治活動を始めて約2年が経とうとしております。

特に、昨年の7月以降は、早朝から深夜まで毎日活動に充ててまいりました。

一般の方にはあまり馴染みがない政治活動ですが、地元の方のお声を伺い、政策に反映するための活動です。

また、私の政策や考えを皆さまに知って頂く機会でもあります。

みなさまも朝や夕に駅に立っていたり、街中で演説をしていたりする政治家を目にする事も多いのではと思います。

「政治活動って何しているの?」とお伺いされることも多々ございます。

そこで、今回は政治家がどのようなスケジュールで1日活動しているのかご紹介したいと思います。

基本的には、朝夕は駅に立って、昼間は地域を回るという活動をおこなっております。

具体的には、

  • 05:30     起床
  • 05:30〜06:30 出発の準備
  • 06:30〜07:00 移動
  • 07:00〜09:00 駅で朝のご挨拶(政策をお伝えする)
  • 09:00〜10:00 移動と休憩
  • 10:00〜12:00 皆様のお声をお伺いする、街頭演説
  • 12:00〜13:00 ランチ
  • 13:00〜17:00 区民のお声を伺う、街頭演説
  • 17:00〜17:30 休憩
  • 17:30〜18:00 移動
  • 18:00〜20:00 駅で夕のご挨拶(政策をお伝えする)
  • 20:00〜21:00 片づけと移動
  • 21:00〜22:00 明日の準備など
  • 22:00〜25:00 連絡業務や事務作業、ブログ執筆など
  • 25:00     就寝

というスケジュールで動いております。

個人差はあるかと思いますが、今までは寝ていた時間に起きて、家で休んでいた時間に事務作業をすることが多くなっております。

活動が長引いたり、急なタスクが発生すると食事をとれないこともあります。

土日祝日は、平日に働いていらっしゃる方にお会いする機会なので、変わらず活動があります。

いつ休んでいるのかと、ご心配のお声をいただくこともあるのですが、基本休みの日はありません。

とは言ったものの、この活動をするということは全て自分で決めていることなので、ここまで休み無しに活動せず、活動量を減らす方法を選ぶこともできます。

ただ私は、地盤や知名度があるわけでもないですし、お金持ちでもないので、足りない部分は、活動量で補うしかなく、また活動資金も借金や寄付で工面するしかありません。

「無理をしないようにね。」

そんなお声もたくさんいただきます。

政治活動を始めてからの、肉体疲労と睡眠不足は課題ではあります。

しかし、無謀だと思われることを成し遂げるためには、誰よりも努力し、区民の方のお声をお伺いし、地道にコツコツ積み上げていくしかないと思っています。

非常に泥臭くアナログな世界ではあります。
本来はもっと、女性や若い世代がやってみたいと思える活動にしていきたいのですが、この話はまた今度に。

冒頭に書いたように、地道に活動を続けていると、

「応援しているよ!」

というお声をいただくことも増えてまいりました。

ありがたい思いです。

一緒に活動してくださっているボランティアの皆さんも、仕事や家庭がある中で、時間を割いて来てくださっています。

応援してくださる皆さまの思いを背負って、一日一日を大切に活動を続けてまいります。

追伸:総選挙が想定よりも早まり、今月19日公示、31日投開票というスケジュールと言われています。

日常の活動に加え、事務作業やポスター等の制作物もこなさねばならず、とてもハードですが、ラストスパートも全力で駆け抜けたいと思います。

私は、現役世代・女性の当事者として、将来を背負う世代として、旧態依然とした今の政治に風穴を開ける決意で、真夏でも真冬でも、駅に立ち、街を歩き、活動をしてまいりました。

民間企業を辞め、約2年間、毎日のように活動してまいりましたが、まだまだ知名度もお金も足りておりません。

お願いばかりで申し訳ない限りですが、ラストスパートをかけるために、皆さまのお力を少しだけお貸しいただけないでしょうか。

↓金澤ゆいを応援する3つの方法
https://kanazawayui.com/support/

よろしくお願いいたします!