金澤ゆい公式サイト

選挙を振り返って

おはようございます。

「金澤ゆい」です。

気持ちがモヤモヤしており、なかなかブログを更新できませんでした。

この度の衆議院選挙では、地元の皆さまをはじめ、支援者の皆さま、友人、議員の皆さま、ボランティアメンバーの皆さんに多大なるご支援を頂き、誠にありがとうございました。

結果は、落選でした。

応援してくださっている皆さまのご期待にお応えすることができず、誠に申し訳ございませんでした。

全て私の力不足です。

「44,882票」

有権者の方の約10人に1人が「金澤ゆい」と書いてくださりました。

本当に多くの方の想いを背負っていたのだと改めて感じ、感謝の気持ちと共に、申し訳ない思いでいっぱいです。

2019年のクリスマス。日本維新の会宛に、支部長の公募へ応募する書類を提出してまいりました。

そしてご縁があり年明けに支部長の公認を頂き、2020年の頭にグリコを退社して、そこから私の政治活動がスタートいたしました。

地盤も看板(知名度)も鞄(お金)も無く、初めての政治の世界でした。

先輩方の話を聞きながら、最初はポール1本持って駅に立つところから始まりました。

いつ選挙があるか分からないという中、何も無かった私は日々がむしゃらに活動をしてまいりました。

朝7〜9時は駅に立ち、10〜17時は戸別訪問や辻立ち。18〜20時はまた駅に立ち、事務をやってくれる人もおらず、帰ってからは事務作業をおこなっておりました。1〜2時頃に就寝し、また次の日は5時半に起きる。

そんな毎日を過ごしておりました。

緊急事態が発出される前は、2週間に1回江東区の全地域でミニ集会を開き、皆様のお声をお伺いし、政策へと反映しておりました。

約2年かけて、江東区の全エリアのお宅に1度はお伺いさせて頂きました。

普通にOLをしていた私にはスタッフを雇う資金はなく、ボランティアの皆さんとコツコツと日々一軒一軒歩いてまわりました。

年末年始も、消防団の活動や、地元で活動し、12月31日も1月1日も文字通り休まず活動してまいりました。

休むのは、歩きすぎて腰が痛くなった時や、風邪をひいた時だけでした。

休む勇気がなくなってしまっていた、という事もあります。

何もなかった私は、まず自分が誰よりも活動しなければと考え、日々活動を続けてまいりました。

最初は自分1人で戦っていると思っていました。

しかし、応援してくださる方が徐々に増え、別れや出会いを繰り返しながらも、最後には多くの仲間ができました。

ゴールも分からない中、2年間もの日々を今日まで一緒に活動してくれたみんな、応援してくれた皆さまには本当に感謝しております。

改めて、本当にありがとうございます。

落選という結果を受けて、その次の日からまた駅に立ち、この2ヶ月も休む事なく、お世話になった方々へのご報告や、ポスターの御礼をさせていただいております。

お世話になったすべての皆さまのもとに伺えるのは、もうしばらく時間がかかりそうです。

本当にたくさんの方の応援をいただいていたんだと、お一人お一人に感謝の気持ちでいっぱいです。

選挙後もボランティアの皆さまと共にご挨拶にまわっております。
選挙後もお手伝いをしてくださる皆さまには感謝の念しかございません。

2年間も休まず活動し、借金をして今回の挑戦をしました。

そして、多くの方のご支援とご期待を背負って戦ってまいりました。

そんな中、落選というのは心身ともに辛いものがありました。

しかし、クヨクヨしていても物事は好転しない。そう思い自分を奮い立たせて一歩ずつ前に進んでおります。

「頑張ってたね。」
「惜しかった。」
「次も頑張って欲しい。」
「政治界に光を照らして欲しい。」
「これからもっと応援する。」
「一緒に頑張ろう!」

そんな温かい言葉をかけて頂き、どうにかその想いに応えたいと思うばかりです。

今回の選挙から多くの経験を得て、そして課題も浮き彫りとなりました。

今年中は御礼のご挨拶をまわらせて頂き、また年明けから気持ち新たに再スタートしたいと思います。

生活もギリギリではありますが、地元活動を続けながら生活できる方法を模索しております。

本当に、この2年間、ご支援を頂き誠にありがとうございました。

次は必ずや、勝利の恩返しをさせて頂きます。

またしばらくご迷惑をおかけいたしますが、引き続きご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

コツコツと地道に、一歩ずつ前へ。
頑張ってまいります。

金澤ゆい

追伸:選挙の前には多くの方からご寄付をいただき、活動を続けることができました。

感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

そして、ご期待に応えることができず申し訳ございません。

生活もギリギリの状況の中ではありますが、次に向けて政治活動を続けております。

再スタートを切るために、再び皆さまのお力をお貸しいただけないでしょうか。

↓金澤ゆいを応援する3つの方法
https://kanazawayui.com/support/

よろしくお願いいたします。

30歳の節目に思う。〜人生を笑って過ごすために〜

おはようございます。

「金澤ゆい」でございます。

本日も、深川エリアで活動してきました。

午前中は「多世代交流の里 よっちゃっん家」にも行ってまいりました。
こちらは後日、ブログにしたいと思っております。

本日は、30歳の誕生日でした。
節目の年。
月日が過ぎるのは早いものですね。

数年前の自分は、今の自分を1ミリも想像しておりませんでした。

本当に、人生って何が起きるか分かりません。

だからこそ、ワクワクしますが。

29歳の私は、環境も大きく変わり、いろいろなモノを失って、大切なものも増えました。

深く濃い、面白い1年でした。

私は、よく生き急いでると言われますが、その通りです。

常に、明日は今の自分ではない、明日命を落とすかもしれないと思って生きております。

そうすると、1日が、1分1秒が貴重に思えてきます。

いつだって色々なことを学びたいですし、

新しいことに出会いたい。

何かを吸収したいし、

そして、成長し続けたいです。

しかし、そうなると休むタイミングを見失います。

でも答えはシンプルで、疲れたら休めば良い。

誰もが、何かに悩んだり、迷ったりすることがあるかと思います。

好きな言葉で「人生は短い目で見たら悲劇だが、長い目で見たら喜劇」と言う言葉があります。

その通りだと思っていて、確かに非常に大きな悩みに自分では見えていても、1歩ずつ進んで行けば、いつかは解決する日が来ますし、今の状況が永遠ということはないと思っています。

私が生きる上で大切にしているのは「楽しむこと」です。

何かの目的を達成するための途中経過で、楽しくない時もあると思います。

だけど、それも自分の受け止め方次第だと思っています。

目の前に水の入ったコップがあったとして、

「もう、これだけしかない」

と思うか、

「まだ、これだけある」

と思うかの違いです。

あとは、辛い日があるからこそ、楽しい日が見えてくるということもあると思いますが。

毎日が楽しかったら、楽しいと言うことに気づけないかもしれません。

もしあなたが、

今の現状に何か疑問や不満を感じているのであれば、

日々が楽しくないのであれば、

迷っているのであれば、

一歩踏み出してみてください。

でも、だけど、

と言い訳をしてるうちは

その程度。

踏み出してみたら、大したことなかったと思えますし、

踏み出したら新しい人や、出来事との出会いが待っています。

世の中は自分が思ってるより、ずっと広くて大きくて深いです。

そして大概のことでは命を取られることはありません。

命があればやり直せます。

たった一度の人生です。

笑って、楽しく生きていきたいものですね。

人の笑顔は連鎖するものです。

この約半年ほど、休みもなく政治活動をしてきました。

「断じて行えば、鬼神もこれを避く」の精神で、これからもコツコツと頑張っていきたいと思います。

誕生日の記念に、先日おこなった事務所開きでの「決意表明」の動画を公開いたしました。

私が目指す世の中や、なぜ政界へ飛び込んだのか、一般人が政治家を目指す過酷さ等、沢山の想いを込めました。

途中、感極まり恥ずかしい場面もございますが、見ていただけますと幸いです。

もし、少しでも共感してくださりましたら、私への誕生日プレゼントと思って、ボランティアに来ていただいたり、寄付で、お力を貸していただけますと幸いです。

<ボランティア>
 下記で問い合わせ可能です。
 お気軽にご連絡くださいませ。

 電話番号    070-1361-4280
 メールアドレス mail@kanazawayui.com

<寄付>
 1,000円から受け付けています。
 いただいた寄付は、1円たりとも無駄にしません。

金澤ゆい 寄付のお願い

今まで関わってきてくれた方々へ感謝。

そして、これからも「金澤ゆい」をよろしくお願いいたします。

グリコを退職しました。「意識高い無職」です。~新たなスタートへ~【後編 vol,1】

おはようございます。

「金澤ゆい」です。

とうとう退職シリーズの後編です。

退職を決意して、政界の道を選択するまでです。

前編と中編は下記になります。

私は2019年末に仕事で約7年過ごした大阪から、東京へ戻ってきました。

新しい部署、ブランドPR(全てのブランドのPR)の立ち上げを任されての東京への移動でした。

写真はその際に大阪のメンバーに送別していただいた際の写真です。

東京への旅立ち

本当に多くの方に支えてもらっていました。

現在はこんな大勢で集まれる機会もなくなってしまいましたが、やっぱり直接メンバーと会って話をするのは楽しいものでした。

代表でプレゼントをくれた方々と

たくさん迷惑もかけて、たくさんのプロジェクトを一緒に行って、壁を乗り越えて、喜びを共有してきました。

それぞれが別の道を選択したとしても、この時のメンバーを忘れることはありません。

これからの人生の中で、また一緒に仕事ができれば良いと思っております。

ありがとうございました。

私が政界へ興味を持ち始めたのが、ちょうど1年前の10月でした。

今から約1年前、この場に自分が立っていることを、全く想像しておりませんでした。

民間企業で働く中で、女性にしか分からない差別は、友人の話を聞いても、まだまだ残っていると感じました。

例えばバリバリ働いていると、男性なら昇格や凄いね!となるにもかかわらず、女性だと「女性なのに・・・」と引かれる環境がまだ残っています。

子供を産んで、仕事に戻るのにパートで戻って、正当な報酬をもらえていない、そう思える身近な人にも会ってきました。

なぜ、世の中はこんなにも頑張っている人に優しくないのか。

誰だって幸せに、楽しく生きたいだけなのに。

今年は人生最大の、仕事のモテ期だったと思います。

行動を起こしてみると、こんなにもご縁が広がっていくものなのか、と驚いたものです。

ただ、その分ずっと、人の何倍も努力をしてきたし、勉強もしてきましたし、成果も残してきました。

①新しいチームで立ち上げを任される
グリコの全ブランドのPRです。やり方でいくらでもイノベーションを起こせます。
正直、このままグリコで仕事を続けるか悩みました。
だけど、このまま続けて大きな成果を残すには、組織を整えることも考えると2年はかかると思いました。

②ベンチャー企業
行きたかったIT系のデザインに強いベンチャー企業からご縁をいただきました。
こちらも会う人全てが魅力的で一緒に働きたいと思いました。
私はマーケティングでも、デザインを考えている時が一番楽しかったです。
ここでも1人目のマーケッターとして色々と任せてもらえるようなポジションを準備いただいておりました。

③GAFAM
ITの勉強をしたくて、一時期転職を考えておりました。
しかし転職したいと思っていた時期には、マーケティングでの空きがなく、ご縁がありませんでした。
しかし、今年の始め、政界に行こうと8割ほど覚悟を決めていた時期に、オファーを頂きました。
本当に悩みました。
ここで数年働いてからの政界でも良いのでは、と。

④起業
実は私は、今年、女性のキャリア支援の会社を起業しようと思っておりました。子育てにより、キャリアを諦めた人を支援する女性支援の会社です。
ビジネスプランもたてて、投資家も決まっておりました。

⑤政界

しかし、いくら起業しても、世の中のルールや制約が変わらないと、抜本的に変わらないのではないか。

大企業ですら救えないのに。

そう思うと「日本から変えるしかない」と思ったんです。

たとえ無謀と言われようと、根拠のない使命感であろうと、

気づいてしまったから、気づいてしまった人が変えるしかない」と思うんです。

世の中に批判をするのは簡単です。

しかし誰かがやらないと変わらないんです。

だからキャリアも、起業の投資も断って、政治の世界を選びました。

こう言うと綺麗事だって言われます。

だけど綺麗事で、出来るわけありません。

想像以上に泥臭い世界です。

この業界を知れば知るほど、政治家系やお金持ちではないと無理なのでは、と何度も思いました。

政治家になるためには、仕事を辞めるのは当たり前、そのように言いますけど、それって本当に楽なことじゃないんです。

人生がかかっている、と言っても過言ではありません。

お金だって一般企業でそこまで貯まるはずもなく、全財産を投資しています。

国政の衆議院は、小選挙区と比例代表の供託金だけで、600万円かかります。
エントリー費と思ってくれると分かりやすいかと思います。

チラシを江東区の全エリアに配布するだけで、数百万円かかります。

事務所だって、人を雇うのだって、車を借りるのだって、お金がかかります。

地盤もないので、助けてくださる方を探すのも、ゼロからのスタートです。

政治という業界に入った瞬間、人間扱いされなくもなります。

政治の話をした瞬間、嫌な顔をされる場面にも何度も遭遇しました。

本当に強い思いがないと出来ません。

私は大切な人たちを、大変な時に救うことが出来ませんでした。

誰もが大切な人で救いたかったのに、何もできませんでした。

声をかけて、話を聞くことしかできませんでした。

私はこんな世界を変えたいんです。

頑張っている人が、報われる世界にしたいんです。

私は「誰もが自由に選択できる世界」をつくりたい。

私だって今まで政治なんてとか、自分の一票では変わらないと思っていました。

だけど、そう思っている人が大勢集まったら?

例えば、江東区の半分が投票しているとして、人口約50万人、有権者数が約42万人、その半分の約20万人がそう思っていて、その全員が投票したら・・・

変えられるんです。

政治家が最も怖いのは、私たち有権者です。

この東京、江東区から一緒に、この古い政治に風穴を開けていきませんか。

自分ではできないと思うのであれば、同じ志の誰かに託してください。

誰だって、楽しく明日を生きたいのは同じだと思います。

政治で世の中は変わるし、誰を選ぶかで、良くも悪くもなると思っています。

もし少しでも共感してくださりましたら、ボランティアに来ていただいたり、寄付で、お力を貸していただけますと幸いです。

<ボランティア>
 下記で問い合わせ可能です。
 お気軽にご連絡くださいませ。

 電話番号    070-1361-4280
 メールアドレス mail@kanazawayui.com

<寄付>
 1,000円から受け付けています。
 いただいた寄付は、1円たりとも無駄にしません。

次回は、なぜ維新なのか、という話をしたいと思います。

では、また明日。