金澤ゆい公式サイト

パトロンいるんでしょ

女性だからか、こんなことを言ってくる人がたまにいますが、パトロンはいません。

お金が貯まれば政治資金に充て、残りわずかな収入で生活を切り詰めて慎ましい生活を送っているというのに、こういう事を言われるのは困ります。

どれだけ頑張っても、男性だと本人が評価されますが、女性だと「良いよね女性だから」と言われることが多々あります。
もちろん女性で得をしたこともあるでしょう。
でも、サラリーマン時代からそうですが、努力と実力で見て欲しいと常に思います。

政治界隈は女性はいつまで経っても男性のお飾りで、秘書や奥さんだと思われることが多いです。とある会合で、

男性「〇〇議員の秘書になれば玉の輿だね。」
私『いや、私は政治関係者でして。」
男性「え、秘書⁉︎」

これが現実。
だからこそ新しい女性の生き方としてロールモデルを作っていきたいと思います。
頑張れば誰にでも可能性はあるのだと。

しかし、バッチを付けなければただの意識高い無職なのは変わりません。

応援してくださる方のためにも、次こそは、どうにか恩返ししなければと思う日々です。

生活していくためにも、今年からマーケティングの仕事を受けたりし始めています。ブランディングやデザインのディレクションです。仕事の依頼は私までご連絡ください。

世の中には、各々が選択した人生を否定してくる人が居ると思います。

それは結婚しろであったり、◯◯大学に行けだったり、私は昔こうだっただから君も〇〇しなさい、そんな事を言われたことがある人もいるでしょう。

私はそれぞれの人の生き方を尊重したいと思いますし、自分の人生の責任は結局自分で背負うものだから、人の人生を否定したりしないで欲しいと思います。

あなたの人生を否定しないから、それぞれが考えたり悩んだりして、今の道を歩んでいるだという事を知ってほしい。

ただし、人様に迷惑かけてたらそれはまた別の話ですけどね。

クリスマスも絶賛活動中です!
(前までイブは幼馴染と、クリスマスは家族と過ごすと決めていましたが、最近は活動ばかりしてしまっています。)

少しでも応援してあげようと思ってくださったら、クリスマスプレゼントに金澤ゆいに寄付をお願いします!

メリークリスマス!

PTA連合会会長も務めた地元を愛する男「古賀じょうじ」 〜江東区政対策委員の紹介〜

おはようございます。「金澤ゆい」です。
最近の江東区は仲間も増えて盛り上がっております!

今回は江東区政対策委員について、簡単にご紹介させて頂きます!

まず1人目は「古賀じょうじ」です!

東京生まれの46歳、バリバリの現役世代です。
大和証券・三菱 UFJ 証券など約17年間は民間企業で勤め、現在は不動産関連会社を経営している実績がございます。

何よりも、南砂小学校 PTA 会長・小学校 PTA 連合会会長・小学生ドッジボール指導者なども歴任し、ロータリーや青少年委員会などでも活躍されており、こよなく地元を愛し、地域のために活動してきたのが伺えます。

民間企業で培った日系企業や外資系企業での経験、そしてPTAの際に保護者の方々と行ってきた実績、古賀さんは時代に合わせた組織作りに注力してきました。
きっと古賀さんなら「時代に合わせて成長していく江東区、現役世代・子どもに注力する江東区」を創っていってくれることでしょう。

政策に関しましては、南砂町駅、東陽町駅を中心にチラシをお配りしておりますので、お手に取っていただけますと幸いです。

アメリカンフットボールや、地元系飲食店巡りが趣味とのことで、ぜひ見かけたらお声がけください。

下記、古賀じょうじの各種SNSですので、フォローお願いいたします。

Twitter
https://twitter.com/koga_joji

Facebook
https://www.facebook.com/koga.joji/

Instagram
https://www.instagram.com/koga_joji/

献金はご本人へお問い合わせお願いいたします。
info.koga.joji@gmail.com

正直、そのまま働いていた方が給与は良いでしょう。
それでも仕事を辞めて、地元のために全力で頑張る、そのような志のある方が議員を目指してくださるのは心強い限りです。
「古賀じょうじ」の応援、よろしくお願い致します!

私も江東区の支部長としてメンバーを支援していきたいと思います。
江東区一丸となって頑張ってまいります!

↓金澤ゆいを応援する
https://kanazawayui.com/donation/

あの日から1年

2021年の10月。

人生をかけて挑戦した衆議院選挙。

44,882票を頂き、比例当選まであと1,453票、惜敗率でわずか1.9%の差でした。

そこから早くも1年が経ちます。

「29歳リケジョ国政へ」

と掲げて活動をはじめてから、気づけば32歳の誕生日を迎えました。
落選した次の日からまた駅に立ち、1年間活動を続けてきました。

いつだって答えのない世界で、この選択は良いのか、この1年は何か残すことが出来たか、今を精一杯生きられているか、これは世の為になるのか、そんな自問自答をしてきました。

ですが最終的にたどり着く先は、コツコツ積み上げ続けるしかないということです。

今年はそんな今までの積み上げがあったからこそ、新しい人の輪が広がり、チャレンジする機会をもらえたという実感がありました。

何か一歩を踏み出す時、

〇〇があるから今はやめておこう
〇〇が準備できたらやろう
今の自分には早い

と出来ない言い訳を並べがちです。
(あとは人間は基本的に面倒くさがりです。)

本当にやりたい事があったら、迷わずその一歩を踏み出し、行動に移した先に成功がついてくると信じています。

「落選してどうやって生活しているの?」

と言われますが、切り詰めて生活をしているだけです。

衆議院議員の先輩のお手伝いを少しさせて頂き、家賃代くらいはギリギリ収入があるというのが実情です。

さすがに生活ができないので、以前から行いたいと思っていた、マーケティング関係のビジネスにも着手し始めています。

もちろん、政治活動が最優先です。

本日は、多くの方からお祝いの言葉を頂き、ありがとうございました。

皆さまの応援にいつも支えられております。

誕生日プレゼントの代わりに、少しばかり金澤ゆいに寄付をお願いできませんでしょうか。
1円も無駄にせず、活動資金に充てさせて頂きます。

金澤ゆい 公式サイト | 金澤ゆい 寄付のお願い

本当に、いつもありがとうございました。

「頑張っている人が報われる社会へ。誰もが自由に選択できる世界へ。」

今後とも、金澤ゆいへのご指導・ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。