金澤ゆい公式サイト

迅速で実効性の高いコロナ対策へ ~新型インフル等特措法、感染症法等の改正についての申し入れについて~

おはようございます。

「金澤ゆい」です。

本日は、深川・城東・湾岸エリアで活動してまいりました。

新型コロナウイルスの支援のご案内と、啓発活動を街宣車にて行ったり、必要な方に支援策をまとめたチラシをお渡ししたりしております。

チラシが必要な方、周りに必要とされている方がいらっしゃいましたら、お気軽に「金澤ゆい」までお声がけ、ご連絡くださいませ。

1月18日から通常国会が召集されております。

新型コロナウイルスが猛威を振るう中で、新型インフル等特措法、感染症法の改正をはじめとして、感染拡大を防ぐための法案が審議される予定です。

そこで、日本維新の会は与党に「新型インフル等特措法、感染症法等の改正についての申し入れ」をおこないました。

実効性を高めて経済と事業者を守るための、補償とセットの罰則規定や、迅速で的確なコロナ対応をおこなうために地方に権限を委譲することを求めております。

このような時に、皆さまにお役に立つ法律や制度を整える立場にいない自分を悔しく思っております。

新型コロナウイルスの支援策をお困りの皆さまにお届けするなど、今私にできる活動を引き続きしてまいります。

必要としている人に、必要な支援を届けたい。~コロナ禍で今私にできること~

おはようございます。

「金澤ゆい」です。

本日は、深川エリア・城東エリアを中心に、街宣車から新型コロナウイルス感染拡大防止のための啓発活動と、各種支援策のご案内をしてまいりました。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、東京都で緊急事態宣言が発令されておりますが、前回の発令時と比べ、人の出の減少幅は少ないとの報道もございます。

外出の際などには、手洗いうがいの徹底、マスク着用など、感染拡大防止にご協力よろしくお願いいたします。

新型コロナウイルスの感染の再拡大を受け、「江東区コロナウイルス感染症支援策まとめ」を作成し、必要な方にお届けしております。

社会情勢の変化により、行政の支援が必要な方のお力になれば幸いです。

緊急で生活費が必要な際には、緊急小口資金(特例貸付)、総合支援資金(特例貸付)をご利用ください。

家賃の支払いが困難で、住居を失う可能性のある方は住宅確保給付金をご検討ください。

その他にも生活でお困りごとがございましたら、江東区社会福祉協議会までご連絡ください。

また、事業者の方向けの持続化給付金や家賃支援給付金は、申請期限が1月15日までとなっております。

申請をお考えの方はお早めにご連絡ください。

緊急時だからこそ、お困りの方に必要な支援策をお届けするべく、引き続き活動してまいります。

また、「金澤ゆい」も常時ご相談をお受けしております。

お困りごとがございましたらお気軽にご相談くださいませ。

写真で振り返る「金澤ゆい」2020年 〜そして2021年へ〜(2/2)

おはようございます。

「金澤ゆい」です。

気づけば2020年も終わりを迎えようとしております。

12月31日の本日は、12月30日と合わせて、江東区内全エリアにて、年末のご挨拶をさせていただきました。

最終日は音喜多駿参議院議員も応援に駆けつけてく大さりました。

夜は、0時過ぎまで、地元の消防団の特別警戒にあたります。

2020年を写真で振り返るブログの後編です。

夏はとても暑くて、人生で1番日に焼けたと思います。

髪の毛も日に焼けて、美容師さんに「こんなに焼けるのはゴルファーぐらいだよ」と笑われました。

江東区は水辺が多く、駅頭ならぬ川頭!?と称して、メンバーと水辺近くでも、よく街宣を行なっておりました。

そして、とうとう街宣車が来ました。

ここ3年ほど運転していなかったのですが、今では毎日自分で運転しております。

車があるのが、こんなにも便利と思ったのは初めてです。

活動の幅も広がりました。

靖国神社へ参拝。

実は神社やお寺が大好きで、御朱印帳も多く持っており、写経なども経験があります。

石井苗子参議院議員も、よく応援に来てくださりました。

数少ない女性の議員さんです。

女性の職業の選択肢として、政治家も選択肢に入るような世の中にしていきたいですね。

私の政治家への道を志したのも、女性の活躍を推進したいことがキッカケです。

最近では、

「ゆいちゃんの好きな、ゆいちゃんだ!」

と同じ名前のお子さまからお声がけ頂いたり、

「カードもらったことある!」(カード=金澤ゆい名刺)

と言って頂いたり、

近所のお家の方から「子供がファンなんです。」と言って頂いたり、皆様に元気を分けるどころか、元気をもらう日々です。

ついに事務所を開設。

とても良い場所を借りることができました。

好きな街の、しかもお世話になっている方とお隣です。

何もなかった事務所ですが、最近はやっと事務所らしくなってきました。

柳ヶ瀬参議院議員と音喜多参議院議員の豪華応援演説です。

サプライズで柳ヶ瀬参議院議員は来てくださりました。

やっぱり先輩方の演説は力強かったです。

私も場数を重ねていきたいと思います。

江東区はハゼ釣りができる場所が多くあります。

ハゼ釣りをしている方々とも交流。

ここでお会いした方々とは、駅や街でお会いしたりしました。

毎日活動していると、楽しい出会いや、驚きの出会いがたくさんありますね。

辻立ち100カ所に挑戦したりもしていました。

1日に、100カ所でご挨拶するのですが、このチャレンジを見ていてくださった地元の方も多く、頑張った甲斐がありました。

100カ所チャレンジ中にも新しい出会いがたくさんありました。

一時期は連続して、100カ所での辻立ちをしていましたが、最近はこの半分の数で、ご挨拶の質をあげた活動をしております。

どちらも一長一短ありますので、組み合わせて今後も活動をしていきたいと思います。

そして、事務所開き。

「決意表明」では感極まる部分もありましたが、多くの方から良かったとのお声をいただくことができました。

政治家を志した理由や、日々の思いを伝えさせていただきました。

家族や友人、以前の職場の上司や、地元の応援してくださっている方々、町会長、そしてボランティアメンバーと多くの方に集まっていただき、感謝しかありません。

決意を新たにいたしました。

このワンちゃんは、初期の活動の際に出会い、今でも応援してくださっている、私の癒しのワンちゃんです。

動物が大好きすぎて、過去には捨て猫を保護して飼っていたりもしました。

ペットも家族です。

「金澤ゆい国政ミニ集会」も始めました。

最初の地元のミニ集会では、10人近い方が集まってくださり、感動したのを覚えております。

ミニ集会に来て頂いた方々への感謝は忘れません。

メンバーと試行錯誤しながら行なってきました。

江東区内の各地で行なっております。

年明けコロナが落ち着いたら、またスタートする予定です。

地元のみなさまの声を聞いて、政策へ反映してまいります。

ぜひ、お気軽にご参加くださいませ。

約10年近く過ごした大阪へ「大阪都構想」の応援にも行きました。

1回目の都構想の際は、大阪で働いておりました。

まさか自分が、こちら側にくることになるとは、その時の自分は少しも思っておりませんでした。

引き続き東京からも統治機構改革を推し進めてまいります。

雨の日も、風の日も、猛暑の日も、極寒の日も、休まず活動を続けてきました。

ここまで見た目が変わってしまうと、私と気づかないのではないかと心配もしましたが、いつも応援してくださっている方々にお声がけいただき、安心いたしました。

地元、深川の消防団にも所属しております。

最初は男性社会で、怖そうな!?方々だと思いましたが、とても優しくて、地元の力になれたら良いな、と思う日々です。

クリスマスには事務所にツリーを飾らせていただきました。

この事務所の前は、お子さまも多く通ります。

事務所の前を通った方が、少しでもほっこりすれば嬉しいなと思っておりました。

昼間に見ると、ライトを巻くのに苦戦して、ぐちゃぐちゃになってましたが。苦笑

来年リベンジです!

富岡八幡宮にもよくお伺いさせていただきました。

月次祭に参加すると、厳かな気持ちで1日をスタートできて、とても気持ちが良いです。

この9ヶ月間、休みなく走り続けて来ました。

数え切れないほどの迷惑もかけて、何度も転んで、でも立ち上がって、心強い仲間もできました。

家族や、友人、日本維新の会の方々、応援してくださっている方々、今年出会った方々、そして金澤ゆい応援団の皆さま、本当にありがとうございました。

感謝しかありません。

こんな未熟で、右も左も分からないまま、突っ走っていく私に力を貸していただき、ありがとうございます。

1年前の自分は、今の自分や環境を、全く想像しておりませんでした。

人生は本当に何が起きるか分かりません。

強い志を持って、そして行動すれば、その先に道は切り開かれます。

1年後、自分がどうなっているか想像もつきません。

しかし、人生はそのくらいの方が面白くて良いと思っています。

政治家を目指し始めた最初は、1人で戦っていると思っておりましたが、今では多くの仲間や応援してくれる方がいます。

その方々のためにも、私はもっと頑張らなくてはなりません。

日々、コツコツと突き進むのみです。

もう少しだけ、私に力を貸していただければと思います。

2020年、本当にお世話になりました。

引き続き、来年も「金澤ゆい」をよろしくお願いいたします。

〜断じて行えば、鬼神も之を避く。〜