金澤ゆい公式サイト

なぜ日本維新の会なのか 〜旧態依然とした政治に風穴を〜

おはようございます。

「金澤ゆい」です。

今朝は、富岡八幡宮の月次祭に参加してまいりました。

本番前最後の月次祭、神聖な雰囲気の中、身も心も引き締まりました。

夕方には、私の事務所のある門前仲町に、馬場信幸衆議院議員・日本維新の会幹事長が応援に駆けつけてくださりました。

大阪でおこなった改革を、東京でも、日本でもおこなっていく。子供たち、孫たちの将来世代まで持続可能な日本を創っていく。

そんな、熱い思いのこもった演説をしていただきました。

多くのかたが耳を傾けてくださり、応援の声もいただき、非常に励みになります。

前回のブログでは、私が「なぜ政治の世界に飛び込んだのか」ご紹介させていただきました。

私の思いを綴らせていただきました。併せてご覧ください。

本日は、「なぜ日本維新の会なのか」をお話をしたいと思います。

実は私は、政治家があまり好きではありませんでした。

人権批判や代案なき批判、揚げ足ばかり取る政治家がニュースで流れ、民間企業ならクビになるような汚職があっても、責任を逃れる政治家の姿を見て、期待することも信用することもできませんでした。

政治家に頼っても世の中は良くならないし、いずれ自分たちにツケが回ってくるのだから、民間企業で働いて、自分で力をつけていこうと考えておりました。

しかし、仕事で約7年間を大阪で過ごし、そこで出会ったのが維新の会でした。

大阪の府民の声を聞いて、人々がどんどん暮らしやすい街になっていく姿を見て、「こんなにも私達の声を聞いて、行動に移してくれる政治家がいるんだ。」と思ったのが懐かしいです。

地下鉄のトイレが綺麗になり、駅の売店がコンビニになり、天下りが無くなり、議員の報酬・定数削減などが行われました。

全国に先駆けて、教育バウチャー制度の導入や、給食費の無償化を実現し、子育て世帯の負担軽減や、教育格差の是正も行われております。

その時に「まだまだ若い世代でも、政治でこの国を変えていける」と感じました。

私もその1人になって、一緒に地域を、日本を変えていきたいと思いました。

私と一緒に活動しているメンバーや、応援してくださっている皆さまも同じ思いを持っています。

”今の状況をどうにかしたい”と思っております。

政治の世界に入って、目まぐるしく環境は変わり、自分も変わりました。

その中の1つとして、あまり人に頼れない性格でしたが、頼らないと生きていけないことに気づきました。

家族や友人や先輩に頭を下げ、地域の皆さまや、ボランティアメンバーを頼らせてもらい、活動を続けることができました。

人はたった一人で生きていくことは出来ません。

誰もが、周囲の人や、制度に頼って生きています。

今の制度は、例えば年金制度一つとっても、老後に十分な資金をもらえる保証は限りなく低いですし、具体的な解決方法はいまだ提示されておりません。

今の状況を良くするためにも、一刻の猶予もなく大胆な改革を進めなければならないと思います。

私は、女性や、現役世代、年配の方や、そして障がい者、さらに子供も含めて、頑張っている人が報われる「誰もが自由に選択できる」そんな未来を作っていきたいと思っております。

やらなければならないことは、数多くあります。

しかし、どんなビジョンも持っていたとしても、1人では何もできません。

最初の頃は、1人で戦っていると思っていましたが、今は、家族や、仲間、応援してくれる方々がいます。

皆さまの思いを背負って、未来を拓く。

残りあとわずか、頑張って活動してまいります。

追伸:応援してくださっている皆さま、ボランティアに来てくださっている皆さま、自分の生活もある中で大変だと思います。

本当に感謝しかございません。

度々のお願いで申し訳ない限りですが、少しでも、数時間でも、応援していただけたら有難いと思っています。

ラストスパートをかけるために、皆さまのお力をあと少しだけお貸しいただけないでしょうか。

↓金澤ゆいを応援する3つの方法
https://kanazawayui.com/support/

よろしくお願いいたします。

社会と女性・政治と女性 〜そろそろ本気で改革しませんか〜

おはようございます。

「金澤ゆい」です。

本日も、深川エリア、城東エリアで活動してまいりました。

桜が見頃を迎えており、とても美しいです。

今年は、宴会などを含むお花見ができず、少し寂しくもありますが、密を避けて散歩をするなどして、四季を楽しみましょう。

みなさまも引き続き、感染症対策をよろしくお願いいたします。

早速ですが、応援してくださっている方には女性も多く、オリンピックの事例などから女性の社会進出等について議論される場面も多くなってきました。

しかしながら、日本のジェンダー・パリティの指数*1 は、世界153カ国中121位となっています。

最初に調査が行われた2006年は80位でした。

この15年間で、41ランク落ちたことになります。

日本は現時点でのジェンダー・ギャップは先進国で最大です。

日本政府はジェンダー・パリティ推進として、安倍元首相が2013年、社会のあらゆる分野で2020年までに指導的地位に女性が占める割合を30%へ、「女性が輝く社会」を実現すると公約しました。

しかしながら、現実は公約通りに進展しておらず、2030年へと目標が先延ばしになりました。

*1:ジェンダーパリティ指数(Gender Parity Index):就学者数における男子に対する女子の比率を示す指数

Source:世界経済フォーラムのグローバル・ジェンダー・ギャップ(世界男女格差)レポート2020

なぜ日本は、これほどジェンダー・ギャップがあるのか。

その格差改善における重要な領域が “政治” です。

政治参画の指数で、日本は現在、世界最低の10カ国の中に入っています。

日本では、女性が首相になったことはなく、女性の衆議院議員の割合は約10%と世界最低の水準で、先進国の平均を約20%下回ります。

日本はまた、経済的なジェンダー・ギャップについても、是正ができておりません。

女性役員・管理職は全体の約15%であり、女性の所得は平均すると、男性の約半分です。

女性の活躍推進のためにも、政治参画を向上させることが鍵となります。

現在の女性の指導的立場のロールモデルがほとんどないことも、問題の1つです。

政治家の女性の数が増えれば、より多くの女性がそれをロールモデルとして、政治や指導的立場に参入する道を選択できるキッカケとなります。

政権に女性が占める割合が高い国では、企業の指導的立場に女性がいる率も高いということが分かっています。

近年になり「男性は仕事、女性は家事」といったジェンダー規範は薄れてきたものの、政治の世界や、管理職の世界になってくると、女性はそのしがらみにまだ囚われている状況です。

例えば、会社で出世競争に勝ち抜くためには、積極的に成果を残して行動する必要があるとします。

そのような「男らしい」行動をとる女性は「女らしくない」と言われる環境が今も残っています。

男性だったら「リーダーシップがある」と評価される行動も、女性の場合は時にして「偉そうだ」と言われます。

以前のブログ*2 でお話しした、アンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)の働きによって、自分は男女差別をしているつもりはなくても、男性と女性に対して異なる基準を当てはめてしまっていたりするのです。

男女の差別をしないはずの組織ですら、大きな男女の不平等が生まれてしまっているのです。

このままでは女性も、そして若い人も、政治の世界に入ってこなくなってしまいます。

これらは、長い間常識となっていながらも、改革が行われてきませんでした。

女性の活躍を促進することは、金銭的な利益にもつながります。

さらに多様性がある企業ほど長期的な業績が良く、ジェンダー・パリティを経済で実現すると日本のGDPも増加すると推定されています。

日本は今こそ、女性も活躍できる、前向きでインクルーシブな目標や施策を取り入れる時です。

社会が変わろうとしている中、政治の世界だけが時代に取り残されています。

繰り返しになりますが、女性活躍の鍵となるのが政治の世界です。

例えば、クオーター制度や、同一労働同一賃金の浸透、男女の双方を支援する新しい家族政策などを、検討していく必要があります。

政治の世界への女性活躍が進むことで、企業の女性の指導的立場の割合も増え、日本全体の発展へと繋がると確信しています。

*2:下記が以前のブログになります。社会人や学生、多くの方に知っていただきたい内容です。

この言葉を聞いて、最初に思い浮かべるものは何か。

「改革」

おはようございます。

「金澤ゆい」でございます。

本日は、門前仲町エリア、清澄白河エリアを中心に活動してまいりました。

地元のエリアでは応援してくれる方も増えてきて、非常に励みになっております。

そして、応援してくれる方やボランティアが増えるたびに、もっと頑張らなくてはと思います。

最近、活動中に江東区の方とお話をしていたところ

「今のままでは良くないと思っている。」

というご意見をいただきました。

その言葉を聞いて、私は驚きました。

なぜなら今までは、

「変える必要がない。」

「今の生活に不満はあっても、耐えられないほどではなく、声をあげるほどではない。」

「そもそも今の現状に不満がないので、変えるとかそういったことに思いをはせない。」

といった方が多い印象だったからです。

私は何かを変えるとしても、政治で変えようとは思っておりませんでした。

しかし、政治が変われば街も、暮らしも、未来も変わることを目の当たりにしたのが、大阪の改革でした。

私は約7年間、大阪で働いていたのですが、地下鉄の売店は便利になり、トイレも非常にきれいになりました。

街を歩けば、おしゃれなスポットも次々と誕生し、国内外問わず観光客も増えているのを肌で感じました。

大阪の経済が活性化し、街の皆さまの笑顔も増えていきました。

新たなスポットができても、昔ながらの街並みは残り、共存しながら発展していっていると感じました。

「改革」

この言葉を聞くと、尻込みする方もいるかと思います。

変えることが目的になっては本末転倒ですが、良くするために変化していくのは必要だと思います。

なんだか大きなことに聞こえますが、私たちは常に進化し、変化していかなければいけません。

これまで続いてきた良い部分は残して、捨てる部分は思い切って捨てる。

選択と集中です。

現状を変えていくのは、とても労力が必要です。

そしてその労力を考えると、面倒という気持ちが先行して行動まで起こせないこともあるでしょう。

変えることには大小問わず反対もつきものです。

むしろ反対意見がないのは、たいして世の中に影響もなく、本質的な問題に絆創膏を貼って応急処置をしているようなものです。

しかし本当に強い意志があれば変えていけます。

誰もやらなければ、自分がやれば良いのです。

批判するのは誰でもできます。

批判するくらいなら、自分で変えれば良いのです。

そして、自分で変えるのが難しければ、変えようと行動している人に託せばよいのです。

誰だって自分の生活がよくなることを嫌がる方はいないはずです。

もちろん、それぞれの”良い”の定義は異なるかと思いますが。

そのためにも江東区民のみなさまの声をお伺いして、その声を反映していく必要があると思っております。

そして江東区の、国民のみなさまにとって、より暮らしやすい日本の実現に向けて引き続き活動してまいります。